INTERVEW鳥嶋先生のインタビュー

COMPASSジュニア 副施設長、児童指導員として通所する子ども達の療育支援(放課後等デイサービス)に従事する傍ら、毎月の請求業務、職員のシフト調整等業務全般をこなしております。

入社を決めた理由はなんでしょう?
子どもに関わる仕事を希望していたことと、子どもが二人いる為、勤務時間や休日等の希望条件に加えて、●園行事や学校行事に参加出来る事。●子どもの病気等の際に、お休みがとりやすい事等働くママに理解のある優しい会社を探していました。福祉に携わるのは初めてで入社するまで不安もありましたが、入社前に見学をさせて頂いて、職場の雰囲気が良さ、待遇の素晴らしさを含めて、ここで働きたいと思いました。
COMPASSでの仕事を通して、あなたが体験した思い出に残るエピソードや成功例があれば教えてください。
発語がうまくできない子どもや、言葉で気持ちを伝えることが出来ず癇癪を起こす子へ支援をしている時、どのようにすれば意思の疎通が上手く出来るかを考えました。COMPASSの指導方針にあるように、こちらからの一方的な問いかけばかりではなく、子どもに合わせたコミュニケーションをとる事で、日を追う毎に自分からやりたいことや意思をジェスチャーやひらがな表などを使って伝えようとしてくれるようになり、とても感動致しました。
COMPASSの仕事で大変だったことはありますか?あればどのように乗り切ったのかも教えてください。
日々大変です。昨日はきちんと出来ていた事でも、出来ない日もあります。そんな時は、子どもの目線に合わせて、自分の思いが伝える事のできる環境づくりを心掛けて乗り切っています。毎月の教務研修等とても充実しており、未経験からスタートした私にとって、大きな支えとなりました。
COMPASSの仕事上での将来の夢、今後の抱負を教えてください。
当面の目標は、実務経験を積んで、児童発達支援管理責任者になる事です。どんな時にも柔軟に対応できることを意識していきたいです。そして複数の施設を包括して管理出来うる力を養って行きたいと思っています。
これから入社される方へのメッセージをお願いいたします。
私が一番大事だと思うことは、子ども(人)と向き合う事です。

COMPASSに通う子ども達が将来やりたいことを見つけて、成長していけるような支援を職員同士で話し合い、支援内容の向上を目指しています。そして、子どもにとっても職員にとっても良い環境づくりが、会社のもう一つの経営指針でもあり、特に働くママにとっては最高の環境です。結婚後も産休後の復職に関しても、大変働きやすい就労環境ですので安心して仲間になって下さい。